前へ
次へ

iphone修理は正規店と非正規店どちらがいいのか

iphone修理には正規店と非正規店があることを知っていましたか。
通商正規店と呼ばれる正規代理店とは、iphone販売会社の直営店やiphone販売会社が許可を与えた携帯キャリア会社のことを指し、非正規店は許可を与えられていない通常の修理業者の事を指します。
修理に出す場合、正規店と日正規店とどちらがいいのかと考える人は少なくありませんが、それぞれのメリット・デメリットを知って依頼をしたほうがいいでしょう。
正規店のメリットとしては、メーカーによる保証サービスが利用できる点です。
保証期間内、あるいは延長保障契約を交わしている範囲内で故障した場合には、無償で対応してもらえることが少なくありません。
修理で使用する部品は全て正規部品となるため、部品交換によるトラブルやリスクが発生しづらいのが特徴といえるでしょう。
一部の非正規な部品に交換すると、故障が回復せず、iphone自体が故障してしまうリスクがあるからです。
ただし修理に時間がかかる点や、バックアップデータを取っておかないと初期化されてしまう可能性があるため、バックアップを取ってから修理に出しましょう。

iphone修理を非正規店に出すときの特徴としてあげられているのは、とにかく修理の時間が短いことです。
軽い修理であれば1時間以内には完了することが少なくありません。
また、修理を完了させるためにデータの初期化を行わなくて済む場合があるのも、メリットといわれています。
非正規修理店であってもiphone修理のパーツに対してこだわりがある企業の場合、交換後のトラブル発生率が低いです。
修理後の動作についても基本的にそれほど違いはないといわれているため、保証期間が切れてしまっている場合には、iphone修理正規店ではなく、非正規店で直したほうがいいでしょう。
ただし、業者によっては部品が非正規の廉価なものを使用していることもあるため、注意が必要です。
更に保証期間が残っている場合には、一度でも非正規店でiphone修理をすると、もう二度と正規店で修理を受けることができません。
ただし、非正規店でもiphone修理に関する独自の保証期間を設けている場合には、正規店ではなくても安心してiphone修理を依頼できるでしょう。

Page Top